​「Labeless®」設備

​「Labeless®」設備の紹介をします。

設備は大きく分けて2種類あります。

①18L缶へラベルを印刷するシルクスクリーン印刷設備と乾燥炉、周辺設備

②ラベルへの印字を行うレーザマーカと周辺設備

製缶メーカーは18L缶にあらかじめ印刷が必要になるので、スクリーン印刷設備と乾燥炉、周辺設備の導入が必要となります。

​パッカーは内容物に応じたラベル印字が必要なので、レーザマーカと周辺設備が必要となります。

​必要な設備について、紹介していますので、ご検討ください。

​Labeless®を導入をお考えの製缶メーカー様は

​こちら↓

スクリーン印刷設備・乾燥炉・周辺設備

​Labeless®を導入をお考えの充填メーカー様・ユーザー様は

​こちら↓

レーザマーカ・周辺設備

*「Labeless」「ラべレス」は、生野金属㈱の商標または登録商標です。