検索
  • 生野金属

「Labeless®」とは

ラベルレスの略語として作った造語です。

「ラベルが不要」の意味をもたせたく、Label + less で、重なる「 l 」を一つ取って、「Labeless®」という綴りに。

アルファベットの「Labeless®」、カタカナの「ラベレス®」は生野金属㈱の登録商標となっています。


生野金属のメイン商品である18リットル缶の無地缶(印刷ナシの缶)は、お客様の工場で中身が充填される際に、シールラベルが貼られます。

今回開発した「Labeless®」では、特殊な顔料が含まれた白く塗装された印字エリアがすでに作成された状態で、お客様に納品されます。お客様は、CO2レーザ印字機を準備するだけで、その白い印字エリアに、必要な時に必要な分だけオンデマンドに、さらに製造ライン上でデジタルにラベル内容の印字が可能になります。

多品種のシールラベル帯の発注業務、検収業務、オフラインでの印刷業務、在庫管理でお困りではないですか?

「Labeless®」は、そんな課題を一掃してくれます。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

生野金属の歴史・生い立ち③

今回で最後になります。 新設備の導入以外でも新しい取り組みとしてISO9001とFSSC22000の認証を取得しました。なかでも、FSSC22000は中小の缶メーカーでは先んじて取得した認証となります。これらにつきましては、改めて機会を設けさせていただき、説明させていただきたいと思います。 時代は令和になり生野金属は、シールラベルの不要なLabeless®はもちろんのこと、約70年の歴史で培ってき

生野金属の歴史・生い立ち②

前回から生野金属の生い立ちをご紹介しておりまして、今回は第2回となります。 今の製造拠点がある高石市に移したのが昭和51年5月。遅れて昭和56年2月に一般缶工場を併設し布施工場から全面移転をしました。当時の国内は二度のオイルショックの影響により、戦後の経済成長率がストップした時代でしたが、弊社は世の流れに逆行したように作れ作れの繁忙時期で、生産能力増強の新拠点として高石市を選んだようです。今とは違

生野金属の歴史・生い立ち

弊社をまず皆さんに知って頂くため、今回は生野金属の歴史に焦点を合わせ説明したいと思います。創業当初からの話のため、かなり昔話になりますがお付き合い下さい。 弊社は昭和22年1月に大阪市生野区で現在の「生野金属」の前身、「生野金属製作所」の社名で創業しています。社名の由来は至って単純、大阪市生野区で立ち上げた会社だからです。創業当初はブリキ製缶・各種ブリキ製品の製造販売を行っていましたが、戦後間もな

To the new era where metal containers create new value!